講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告
International Haiku Communication Virtual Buson Park
■「国際俳句交流」〜出句と返句のご紹介
 
兼題 「秋」
国内:野沢あき さん
国外:シェフツォバ・ガリーナ  さん
[コメント・伝えたい心]
 触ってみたり、匂いを嗅いでみることも大事なのが俳句。風が吹いたり、花びらが散ったらそれを詠む、それが言葉の「写生」。ガリーナさんは、言葉が浮かんでくるまで、見つめて詠み、返句している。

国内:野沢あき さん
国外:シェフツォバ・ガリーナ  さん
[コメント・伝えたい心]
  自分の心に映ったこと(感動)を言葉にするのが「俳句」。日本には世界一と言われる美しい四季がある。「出句」を頭に描きながら、訪日経験のあるガリーさんが、「 自然を謳歌して詠んだ 返句」は、よく出来ている。