講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告
International Haiku Communication Virtual Buson Park
■「国際俳句交流」〜日本とウクライナの俳句文通第2弾〜

★ガリーナさんへ 野澤あきより

お元気ですか。
今年中に訪日されると聴いて居りましたが、来年1月に延期になったそうで、
お会い出来なくて淋しいです。

さて、ガリーナさんが第7期「蕪村顕彰全国俳句大会」に向けて、
素晴らしい「俳句作品」を応募されましたね。 
この応募作品の中から私が3句を選び、「私の感想と修正」を下記に送ります。
拝読して下さい。
ガリーナさんから「ご感想」を頂けたら嬉しいです。

◆<闇に灯や道を渡りに狐かな> ガリーナ(1句目)

(感想と修正)
先ず、「や」、「かな」は、切れ字を二つは使わないことです。
夜の暗い道をヘッドライトの照らす中、狐が道を横切ったことと思います。

狐火という「冬の季語」がありますが、
ガリーナさんの国もお化けの狐が、口から火を吐くことは、
幻想的な意味がよく似ていて、面白いですね。

そこでガリーナさんの句を手直しして、私の句を作ってみました。

・(ヘッドライトに道を横切る狐かな)あき作


◆ <夏自由もりきのことり里の牛>ガリーナ(2句目)

この句の意味は分かりますが、散文的になっています。
茸は、日本では秋ですが、ウクライナでは夏に茸が出るのですね。
少し私の句作ってみました。

・(夏の牛思いのままに茸喰べあき作
・(牛の眼のなにやら淋し夏の雲
あき作
・(牛の眼に森のみどりや茸喰ぶ
あき作


◆ <熊からや猫までに張る星の空>ガリーナ(3句目)

俳句に於ける十七文字の中には、なにもかも語れません。
焦点を絞って表現することです。

ガリーナの作品説明の中に、クリミアの一番有名な「崎達」とありますが、
「岬」の事ですよね。
ガリーナさん句を参考にして、私の句を作ってみました。

・(クリミアの熊のかたちや星月夜)あき作

以上、ガリーナさんの応募作品3句について、
私の「感想と修正」を勝手に書いてみました。
如何でしょうか。

ご返事下さいね。俳句つくりを頑張りましょう。


★野澤あきさんへご返事 ガリーナ(ウクライナ)

あきさん、お元気でなによりです。ガリーナです。           
私の俳句にいろいろお話しを頂き、ありがとうございました。

あきさんが選んだ3句について、
できるだけ下記に詳しく説明をしたいです。

◆私の1句<闇に灯や道を渡りに狐かな>

<先ず、「や」、「かな」は、切れ字を二つは使わないことです。
夜の暗い道をヘッドライトの照らす中、
狐が道を横切ったことと思います。(あき書)>

私は「や」、「かな」は、切れ字を二つは使わないと、知りませんでした。
ありがとうございます。
もう別の俳句作りの特別の点を教えて頂いたら、ありがたいです。
あきさんはこの句の意味がよく分かったと思います。
それで、句の形がもっと正しくなるように 、
「闇に灯と道を渡りに狐かな」 に直したら、どうでしょうか。

<狐火という冬の季」がありますが、
ガリーナさんの国もお化けの狐が口から火を吐くことは、
幻想的な意味がよく似ていて、 面白いですね。(あき書)>

・残念ながら、ウクライナは「狐がお化け」、「狐火」などの考えはありません。
私は日本でそれをしって、大好きになり、自分の想像でそのイメージを込めました。
それで、その句はウクライナ語にすれば、
意味は明子さんが作った(ヘッドライトに道を横切る狐かな)の句のとおりになります。

◆私の2句<夏自由もりきのことり里の牛>

<この句の意味は分かりますが、散文的になっています。
茸は、日本では秋ですが、ウクライナでは夏に茸が出るのですね。
少し私がまとめてみました。 (あき書)>

確かに、ウクライナでは、7月から10月までに茸がとられる。
茸の種類によって、取れる季節がちがいます。
けれども、その句では、人ではなくて、
牛が自由に森を歩いて、茸を食べるという意味です。
牛さんは夏に自由に森を歩くのは、
日本人にとって、不思議なことでしょう、ね!
それについて、私が画いたハガキを入れます。





◆私の3句<熊からや猫までに張る星の空>

<俳句に於ける十七文字の中には、なにもかも語れません。
焦点を絞って表現することです。
ガリーナの作品説明の中に、クリミアの一番有名な「崎達」とありますが、
「岬」の事ですよね。 (あき書)>

この俳句は、クリミア半島の地理の特徴などが分からないと、
意味が難しいかもしれません。
確かに、「熊」と「猫」は、クリミアの岬の名前です。
その岬の間の30キロぐらいで、大ヤルタ(ヤルタ府)と呼ばれます。
その30キロはクリミア山脈で北の風から守られて、クリミアの一番暖かい場所です。
クリミアにサブトロピカルな気候の地方は「熊」と「猫」の間だけです。
(絵と地図を見てください)。

勿論、この二つの岬の間は夏夜の星ももっと大きくて、近くて、明るいです。
ここは夏夜のキリギリスや蝉の声も一番強くて、海が一番柔らかくて、
宇宙の深さがかんぺきに感じています。
そのような感じを俳句で伝えたかったのです。


猫岬


熊岬

この間、私が面白いと思ったのは、外国人は俳句を書くのに、二つのやり方があります。

1. 日本について俳句を書いたら、だれでもわかっているとおもいます。
2. しかし自分の国で俳句を書いたら、日本人にとって、
分からないいろいろな習慣、季節の印象が出てきて、
下手な日本語のために、意味の詳しい説明がないと、よく分からなくなります。

ですから、どのように俳句を作ったほうがいいかが、課題だと思います。
日本について日本っぽいの俳句が書いたら、日本人よりうまく書くのは無理かもしれません・・・
日本人がそれを読んでも、つまらないかも・・・。

自分の国について書いたら、日本人にとって、おかしく見えるかも・・・
それでどちらがいいか、人によって、場合によって、違うと思います。

私が日本にいた時、勿論、日本の想いで書くのが、自然です。
でもウクライナにいる時、その時は国の想いを見せたいです。

ですが、日本語も完璧ではなくて、俳句の特別な文法やルールが分からない場合もあって、
国の特徴は日本人も知られていなくて、私が何を言いたいのか、分からない場合もあると思います。

そのためには、俳句を沢山書く練習しか方法がないと思います。俳句を作りましょう!

あきさん、よろしくお願いします。
お体を大切にしてくださいね。
来年1月、大阪でお会いしましょうね。

以上 ガリーナ


Haiku Correspondence vol.2

★From Aki to Galyna
Dear Galyna-san

How are you? I am sorry to hear that your visit to Japan will be postponed to next January.

I have checked the haiku you entered for the 7th Buson Kensho Haiku Awards, which I found wonderful. I picked up three of them and wrote my impressions below.

#1 闇に灯や道を渡りに狐かな    Galyna

First of all, try not to use kireji twice in one haiku, as a general rule.

From this haiku, I imagined a fox trotting across a street lit by the headlights of cars passing by. As you may know, "fox-fire" is a season word for winter. I suppose your country has a kind of fox-spirit tale (perhaps the fire breathing one?), doesn't it? It is interesting to see that both of our countries have a similar image for fox.

I arranged your haiku as below.

・(ヘッドライトに道を横切る狐かな   Aki)

#2 夏自由もりきのことり里の牛    Galyna

I can imagine what you wanted to picture in this haiku, but it appears a bit prose-like for me. In Japan, mushrooms are for autumn, but they are for summer in Ukraine right?

I arranged this haiku as well.

・(夏の牛思いのままに茸喰べ     Aki)
・(牛の眼のなにやら淋し夏の雲    Aki)
・(牛の眼に森のみどりや茸喰ぶ    Aki)

#3 熊からや猫までに張る星の空    Galyna
In 17 letters-long haiku, you cannot describe everything. You might better narrow your focus so that you can make a clearer image.

In your comments on this haiku, you said that this was about the most famous 「崎達」in the Crimea but perhaps you meant 「岬」for 「崎達」.

Likewise the two former haiku, I arranged your haiku as below.

クリミアの熊のかたちや星月夜    Aki

I would be happy if you let me know how you found my comments above. Looking forward to hearing from you!

Sincerely,

Aki

★From Galyna to Aki

Dear Aki-san,
It was nice to hear that you are doing well. Thank you very much for the comments on the haiku.

Here I would like to explain what I felt and what I tried to mean in those haiku.

#1 闇に灯や道を渡りに狐かな    Galyna

First of all, try not to use kireji twice in one haiku, as a general rule.

From this haiku, I imagined a fox trotting across a street lit by the headlights of cars passing by.

I did not know that kireji cannot be used twice. Thank you for letting me know. I would be happy if you give me some further advices for those technical matter.

I think you have got what I wanted to describe in this haiku. How about changing it like this?

「闇に灯と道を渡りに狐かな」 

I suppose your country has a kind of fox-spirit tale (perhaps the fire breathing one?), doesn't it? It is interesting to see that both of our countries have a similar image for fox.

Unfortunately, there is no idea like "fox-fire" or "fox spirit" in my country. I learned such idea when I was staying in Japan and then came to love it. That is why I put the image in my haiku. If I were to describe it in Ukrainian manner, I think it will be like the one you arranged (ヘッドライトに道を横切る狐かな).

#2 夏自由もりきのことり里の牛    Galyna
I can imagine what you wanted to picture in this haiku, but it appears a bit prose-like for me. In Japan, mushrooms are for autumn, but they are for summer in Ukraine right?

I arranged this haiku as well.

As you pointed out, mushrooms are harvested generally from July to October in Ukraine. What I want to describe in my haiku is, though, not about humans: but cows! In Ukraine, cows wander freely about in forests and eat mushrooms. It may sound strange for you but cows enjoy walking in forests in summer. Please find the enclosed postcard of which picture I drew about the scene.

#3 熊からや猫までに張る星の空    Galyna
In 17 letters-long haiku, you cannot describe everything. You might better narrow your focus so that you can make a clearer image.

In your comments on this haiku, you said that this is about the most famous「崎達」in Crimea but perhaps you meant「岬」for 「崎達」.

It may be difficult to get the idea of this haiku, if you are not familiar with the geography of the Crimean peninsula.

As you have mentioned, 「熊」(the bear) and「猫」(the cat) are the names of capes in Crimea. Between them is the 30 kilometers-long area called the Great Yalta (Yalta prefecture). The area, surrounded by the Crimean Mountains which keep the area from the cold northern wind, is the warmest place in Crimea. The area between "the bear" and "the cat" is the only subtropical area in Crimea (Please refer to the picture and the map I enclosed).

Actually, the stars in the summer night sky are the largest, closest, and brightest between those two capes. The buzz of crickets and cicada are the largest here too. The ocean is the mildest, and it makes a perfect place to feel the depth of space. In the haiku above, I wanted to describe such image.
 

Recently I realized that there are two ways for foreigners to make haiku, which I find interesting.

1. If you make haiku about Japanese things, everyone will understand what they are about.

2. If you make haiku about things in your own country, you need to add some explanation in detail. This is not only because of the cultural difference but also of the foreign authors' poor Japanese, which cause difficulty to reflect those differences.

I believe, therefore, that "what to write" is a problem we have to think about. It is very difficult for foreigners to compose Japanese-style haiku in better quality. And even if it is possible compose haiku better than native Japanese in that way, I am not sure whether such haiku should interest Japanese people.

Still, if we make haiku about our own country, it may be as challenging as well, because cultural differences can cause "funny" expression in the eyes of native Japanese.

When in Japan, I would like to compose haiku about Japanese things. But I would like to express what I exactly feel while in my own country. It is quite natural thing, I think.

My Japanese is not perfect, and there are still more grammars and rules I have to learn: there are also some cultural differences that are not familiar to many Japanese people. This kind of matters surely makes my haiku difficult to be understood.

So what I have to do is to practice and make haiku more and more. Let's enjoy making haiku!

Thank you Aki-san for your always help. Take care, and I am looking forward to seeing you in Osaka!

Sincerely,

Galyna