講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告
International Haiku Communication Virtual Buson Park
俳句の楽しみ
園 高子(俳号:園多佳女)

 私は現在、満95歳です。俳句は、女学校を卒業してから間もなく始めました。

 俳句を始めましたきっかけは、地方紙"紀伊民報"(五十嵐播水選者)に投句したのが掲載されたのと、叔父が俳句結社"ホトトギス"の同人だったことではないかと思っています。

 それ以来、主婦としての子育ての期間を除きまして、神職の手伝い等を行いながら、ずっと俳句を続けてきました。昭和44年からは俳句結社"雨月"に属し、大橋敦子先生の指導を受けてきました。

 俳句を続けてきましたのは、勿論俳句つくりが好きだからですが、何故好きかと申しますと、5・7・5の中に「自分の思いを表現」できるからです。

 毎日が新鮮な気持ちでおれますし、季節感、人の気持ち等を感じることができるからです。「感性が豊かになる」とも思います。

 また、5・7・5の中にいかに上手く表現するか、色々頭を使います。それに先生の添削、評価によりさらに鍛えられますし、句会等を通して上達したいと言う気力が湧いてきます。また、「句会を通してお友達ができる」のがとても嬉しいです。
 
 私はこの年齢になっても痴呆になることもなく、頭がしっかりしていますね、と言われます。これは「常に5・7・5での作句が頭にあるからだ」と思っています。

 俳句は紙1枚、鉛筆1本あれば作れます。あとは考える頭があればいいだけです。
 子供にも頭の老化を防ぐため俳句作りを進めています。幸い、娘の夫が俳句に興味を示し、俳句を始めました(「蕪村顕彰俳句大学」を受講)。

 時々、私に作品を見せにきますが、楽しく批評をしています。いいコミュニケーションが取れ、喜んでいます。
 
 俳句をして本当によかったと思っています。最近は足腰も弱り、外出できませんので刺激も少なく、なかなかこれと言った俳句もできませんが、写真等をみて、昔を思い出し、ぼつぼつ作っています。今後も少しずつでも作句し、痴呆防止に努めたく思っています。

 では、私の句を少し添付します。

 ・御饌運ぶ足止めて聞く初音かな

 ・泣きにきて昼寝の母と寝て帰る

 ・ラストシーンのごと黄落を一人行く


                     平成26年1月15日 以上


Pleasure of Making Haiku
Takako SONO

 I am 95 years old now. I have been enjoying making haiku since I graduated high school. As my uncle was a coterie of Hototogisu (『ホトトギス』), a well-known, prestigious literary magazine focusing on haiku, I was familiar with the art. It was a local paper called Kii Mimpo 『紀伊民報』, I remember, that a haiku I made publicly appeared for the first time. I have been in love making haiku ever since, even after I took a job. While raising my children, I could not spare enough time for it, but otherwise I kept making. In 1969, I became a member of Ugetsu (雨月), a haiku society, and have been learning haiku from Ms. Atsuko OHASHI.

 In haiku, you can express what you feel in three phrases of 5, 7, and 5 letters. That is the point which interests me the most. Every day I feel myself being fresh, feeling a lot of things - about humans or passing of the seasons. When making haiku, I feel my sensibility getting cultivated.

 Making haiku requires using brain because you have to use the 5, 7, 5 words effectively as possible. Furthermore, if you can get some advice from teachers, that trains you a lot as well. Regular meetings also help you to get motivated. You can even make new friends with the students there. I am happy to have this kind of opportunity in my life.

 Despite my age, I am free from dementia and people who meet me often say that I have a sound head. I think this owes to my thinking haiku-wise - make things in my mind as simple as 5,7,5 letters.

 With a sheet of paper, a pencil and a clear head, haiku can be made. I often suggest children should make haiku in order to keep their heads clear. To my joy, my son in law became interested in making haiku and eventually started learning it in Buson Kensho Haiku Academy. From time to time he shows me his works and together we enjoy making comments on them. I appreciate having such a good time with him. Thank god I know this pleasure.

 These days, I feel myself getting weaker. The less I go out, the less I get stimulated. As a matter of fact, I feel difficulty in making good haiku. Still, I do not want to give up this pleasure. Sometimes I look back at some old pictures to get some new idea. I would like to keep making haiku for years to come and thereby keep my mind young and healthy.

 Translated by Haruka NODA (M.A. in Literature and Human Sciences, Osaka City University)