講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告

■事業協賛会員・募集についてのご案内

 
蕪村生誕300年事業 協賛会員応募のご案内
NPO法人近畿フォーラム主催
蕪村生誕300年記念行事事業委員会委員長
                       大阪市立大学大学院文学研究科教授・博士(文学)
                                               
村田 正博


   
 江戸時代の俳人 与謝蕪村は、江戸時代の半ば、享保元年(1716)に摂津の国東成郡毛馬村に生まれました。その生誕の地が、現在も大阪市都島区にその名を伝える「毛馬」であります。その蕪村が、四年後(2016年)にはちょうど「生誕300年」を迎え、その遺業をしのび、そこに私たちの汲むべき現代的意義について考える、まことに佳き機会がめぐって参ります。

 NPO法人近畿フォーラム21が主催して、大阪府・大阪市・大阪市教育委員会・学校法人追手門学院・日本書芸院・大阪文化団体連合会・大阪俳人クラブの後援のもと、3年前に市民講座「蕪村顕彰俳句大学」を開設致しました。この俳句活動を通じて、半年ごとに「大阪府知事賞・大阪市市長賞・大阪市教育委員会委員長賞・蕪村顕彰俳句大学学長賞」を授与する表彰式を行っており、近郊の蕪村公園内には最優秀句の記念プレート碑に新たな作品の数々が加えられるのが鶴首されているところです。お蔭様で今やこの活動は、全国的に知られるようになりました。

 そんな中、2016年の 「蕪村生誕300年記念」に向けて諸事業を発展させてゆきたい存念でおります。 その一つは、俳句の理解、俳句つくりを通して、大阪と世界をつなぐ「国際交流」を広げていきたいということです。 

 俳句は、文学の中でも、最も親しみやすいもの。十七音節という極限の姿は、「世界一最短の詩」であり、「限りなく奥深いもの」であり、和歌や小説、物語の比ではないという事実があります。

  この俳句を通して、世界の人との心をつなげるために、「蕪村生誕300年」の記念事業の第一歩として諸外国から出句された優秀作品に、「国際俳句蕪村賞」を授与することに致しました。
2012年9月の第5期講座「表彰式」では、フランス、ウクライナ、台湾からの優秀作品に同賞を授与いたしました。最近ロシアからとの「交流の絆」が新たに結ばれ、これからは、ドイツ、イタリー、米国などとの交流も盛んにする準備を進めております。

 まだ大望があります。

 私たちは、いわば「蕪村図書館」を、この時代に合わせてITによる情報基地として構築する考えです。 蕪村や俳句に興味を持つ市民の皆さん、卒業論文で蕪村や俳句を研究しようとする学生諸君、諸外国で日本の文化や文学に関心を寄せてくださる方々が、ひとたびここを開けば、蕪村や俳句に関する情報をたちどころにどっさり入手し、さらなる造詣を深めて頂ける、そんな「蕪村図書館」なのです。後世のためにもお役に立ちたいのが大きな目的です。

 更には 「蕪村生誕300年」を期して、特に「高齢者を対象とした句会」、「蕪村に憧れを寄せるかるたつくり募集」、「蕪村に送る絵はがき募集」、「蕪村生誕地記念を盛り上げるコンサート」、「外国俳句愛好家からの作品募集」、「蕪村銅像の建立」等を進めるなど、「記念諸行事」を始動させて参ります。これは、大阪文化振興活動であり、俳句愛好者を大阪へ集客させることにも繋がります。
つきましては、 これら諸事業の趣旨にご賛同頂き、2012年から2016年まで、毎年1回会費1万円を拠出して頂く「協賛会員」としてご加盟を賜りますよう、心よりお願い申し上げる次第です。

 
■申込方法
協賛会員募集名簿にご記入の上、下記番号までFAX願います。

→協賛会員募集名簿用紙はこちら


 「協賛会員」の会費のお支払いはご相談に応じます。


<お問い合わせ先>
NPO法人近畿フォーラム21 事務局
電話/FAX (06)6928−9773