講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告
■外国学生の俳句募集
 
諸外国の学生諸氏へ
平成25年2月吉日
蕪村顕彰俳句大学
学長  川原 俊明

俳句応募のお願い
 
 NPO法人近畿フォーラム主催「蕪村顕彰俳句大学」は、第5期から「国際俳句交流事業」を開始し、平成24年9月23日開催の同期「表彰式」で、第1回の「国際俳句蕪村賞」を授与致しました。

 この「国際俳句蕪村賞の授与」には、「国際俳句交流」の「絆」を結んだ、フランス、ウクライナ、台湾の学生を含めた沢山の俳句愛好者から、素晴らしい作品を寄せて頂きました。

 表彰式では、この作品の中から優秀句を選考し、「大阪府知事・大阪市長・当学長」名で「国際俳句蕪村賞」を授与したのです。これらの優秀句は余りにも優れた出来栄えだったため、日本の俳句愛好家から大変な評価を頂きました。
 
 昨年からロシアも「交流先」となり、平成25年3月24日の「表彰式」に向けて、既3交流先とともに、作品応募が続いております。

 こんな折、画期的な慶事がありました。平成25年2月6日付で、日本政府(外務省所管)の独立行政法人「国際交流基金」(英語名:Japan Foundation)から、第6期表彰式の「後援名義使用」承認と「国際俳句蕪村賞の国際交流基金理事長賞授与」の承認を正式に得たのです。

 同法人は、「国際文化交流事業を総合的かつ効率的に行なうことにより、我が国に対する諸外国の理解を深め、国際相互理解を増進し、及び文化その他の分野において世界に貢献し、もって良好な国際環境の整備並びに我が国の調和ある対外関係の維持及び発展に寄与することを目的とする(独立行政法人国際交流基金法第3条)」という団体です。

 政府からこうしたご支援を受けたことにより、目指す「国際俳句交流事業」は、世界へ大きく広がりを見せるものになると信じております。

 これからは日本の伝統俳句を通じて「世界の人たちと"こころとこころ"をつなぎ、国際俳句交流を進める」活動を行って参ります。

 そこで、お願いでございますが、既交流先の大学と諸外国大学の学生諸氏に対して、ご随時に「俳句の応募」をお願いしたく存じます。応募された作品には、大学教授や、俳句結社の主宰者等から「ご選考と評論」をお願いすると共に、「俳句の作り方のご指導」を受けて頂きたいと思っております。

 どうか作品が出来ましたら、下記の「蕪村顕彰俳句大学」事務局にメールで、ご投句をお願い申し上げます。次世代を継ぐ学生諸氏に「日本伝統俳句文化」を学んで頂き、国際相互理解の増進と良好な国際環境の整備を、ご一緒に進めて行こうではありませんか。

 当事務所宛に、沢山のご応募を頂きますよう心からお願いを申し上げます。
 以上、お願いまで。


宛先
〒534−0016
大坂市都島区友渕町1丁目3−15−108
NPO法人近畿フォーラム21
講座「蕪村顕彰俳句大学」
代表   池尻 一寛

E−mail:jimukyoku@buson-kensho-u.com

■第1回「国際俳句蕪村賞」受賞句と選評(ご参考までに)

「国際俳句蕪村賞」

三村 純也選  蕪村顕彰俳句大学 選考委員長(大阪芸術大学教授)

大阪府知事賞
夕立の 中来るバスは 潜水艦 
ウクライナ ロマキナ・イリーナ
選評
「夕立の中を走るバスは、海中をゆく潜水艦のように感じられたというのである。よほどの大夕立であろう。あるいは、この国のバスの色は、潜水艦に似ているのかもしれない。」


大阪市長賞
畑土の 罅われはしる 大夕焼 
フランス ミッシェル・クロス
選評
「フランスの大地は広い。畑の土に罅が走っているというのは、旱なのかもしれない。その象徴のような夕焼が、空いっぱいに広がっているのである。雄大な景色が描けた。」


学長賞
打ち出され 海に散りゆく 花火かな
選評
「港まつりといった催しであろう。海へ向かって打ち上げられた花火の一瞬の美しさを、うまく言葉に置き換えている。写生が確かなのである。」
■第10期講座「国際俳句蕪村賞」応募要項


 「国際俳句蕪村賞」とは、海外の俳句愛好者のために毎年2回授与をおこなうもので、大阪知事賞、市長賞、学長賞からの同賞となっています。2015年3月に締め括る第10期講座の応募締切は、2015年1月31日です。


「国際蕪村俳句賞」応募のきまり

1. 参加資格特にありません。俳句について勉強している大学や学校、同好会からの応募は、特に歓迎いたします。

2. 創作にあたって応募作品は未発表の日本語のものに限ります。季語は必ず入れて下さい。一人当たりの応募作品は1人1句〜2句を原則とします。

3. 締切2015年1月31日(必着)4. 応募方法任意のカードに俳句作品を書き、下記住所又はメールアドレスにお送りください。俳句はワープロ打ちもしくは、ペンでご記入ください。カードには、作者の名前、住所、電話番号、あればメールアドレスを書き添えて下さい。

宛先
〒534−0016大坂市都島区友渕町1丁目3−15−108
NPO法人近畿フォーラム21講座「蕪村顕彰俳句大学」
代表   池尻 一寛

E−mail:jimukyoku@buson-kensho-u.com

5. 投句料無料

6. 表彰句選考委員会
茨木和生 俳人協会理事 宇多喜代子 現代俳句協会特別顧問千原叡子 日本伝統俳句協会関西支部長三村純也 蕪村顕彰俳句大学 選考委員長 (大阪芸術大学教教授)

7. 第10期表彰式第10期の表彰式は行いません。(翌第11期は行います)。海外の受賞者には、賞状を郵送いたします。

8. 著作権大会後の著作権はすべて作者に返されます。

Buson Haiku International Awards - Call for Entries

"Buson Haiku International Awards" are twice annual international competition, consists of Governor's Award, Mayor's Award, and Haiku Academy's President's Awards. Entries for the upcoming award can be submitted up until 31.january 2015

.Rules of Buson Haiku International Awards

1. Applicants
Every haiku lover is welcome. Members of certain college, school or associations which study Japanese or appreciate haiku are especially welcome.

2. Regulations
Submissions must be up to two haiku, unpublished (in books, magazines, journals or online) written in Japanese, and contain Kigo (season words).

3. Deadline
In administrator's hand by 31.january 2015.

4. Entry procedures
Please submit each haiku via email or mail to the addresses below. If you are sending via mail, please write your haiku on certain cards and put the author's name, phone number and/or email address on the back. Please type or write each haiku legibly in ink. Two haiku can be sent in one envelope.

Submit entries to:
Buson Kensho Haiku Academy
NPO Kinki Forum 21
c/o Kazuhiro IKEJIRI
Tomobuchi-cho, 1-3-15-108
Miyakojima-ku Osaka
534-0016 Japan

E-mail : jimukyoku@buson-kensho-u.com

5. Entry Fees
Free.

6. Adjudication
・ Kazuo IBARAKI (Board member of the Association of Haiku Poets)
・ Kiyoko UDA (Special Advisor of Gendai Haiku Association)
・ Eiko CHIHARA (Kansai branch president of Association of Japanese Classical Haiku)
・ Junya MIMURA (Committee chairman of Buson Kensho Haiku Academy: professor of Osaka University of Arts)

7. Awards Ceremony
There will be no award ceremony held for this term. (There will be an award ceremony for the next term.) For award winners in foreign countries, the award will be sent through mail.

8. Rights
All rights revert to authors after publication.