講座
蕪村顕彰俳句大学
ごあいさつ
活動理念・方針
句会講座・お申込み
講師・選考委員
  ご紹介
俳句エッセイ
お問い合せ
蕪村生誕300年
記念事業
蕪村生誕 300年
  記念事業について
大阪集客プラン支援
  事業実行委員会
  認定事業について
事業協賛会員・募集
  についてのご案内
与謝蕪村と大阪
与謝蕪村とは
蕪村発見
蕪村の文学
蕪村の絵画
蕪村研究のいざない
蕪村公園のご案内
【国際交流】
バーチャル蕪村公園
公園入口
【国際交流】
国際俳句蕪村賞
国際交流とは
国際俳句蕪村賞
  について
外国学生の作品応募
俳句の作り方
主催紹介
NPO法人
  近畿フォーラム21概要
ご報告
■蕪村研究のいざない
 
蕪村生誕300年記念
リンクについて - 蕪村生誕300年記念
早野巴人 - Wikipedia
芳賀徹 - Wikipedia
ブログ俳諧鑑賞: 若き日の蕪村(四)
ブログ俳諧鑑賞: 蕪村の自賛句(その二・十五〜二十二)
[at home Time] 寝起きから団扇とりけり老いにけり 道彦
尾形仂さんが死去 芭蕉、蕪村研究の国文学者 - 47NEWS(よんなな ...
蕪村の『新花摘』の挿絵周辺(その二) - Google Groups
笠間書院 kasamashoin ONLINE:与謝蕪村が俳句採点、「点帖」新発見 ...
 
「源八橋」明珍健二 (大阪くらしの今昔館 学芸員:蕪村顕彰大学講師 )


 
樋の口のほとりにあり天満源八町の濱より中野への舟わたしなるを以ってづくるなるべし 世に名高し

 摂津名所図会大成に紹介された源八渡しの紹介文である。源八橋が架かるこの界隈は江戸時代、右岸側には大坂城代配下の役人たちが住み、対岸はのどかな農村風景が広がっていた。大川の両岸は桜の名所として名高く、今と変わらぬ花見客でにぎわいを見せていた。渡しの東には「中野の梅林」があり、人々はこぞって観梅にでかけた。

 源八を わたりて梅の あるじかな

 毛馬村に生まれた蕪村が詠んだ句である。橋のかわりに大川の両岸を結ぶのは、渡し舟だったのである。源八の渡しは、天満川崎と対岸の中野に渡されていた。正確には源八町(現天満橋二丁目)と東成郡中野村(現都島区中野町四丁目)を行き来していた。

この渡しは明治40年(1907)大阪市営となり、昭和 11年(1936)源八橋の架橋によって廃止されている。平成10年(1998)には歩道拡幅工事が完成。

 この橋はゲルバー式鋼板桁橋で、幅11メートル、橋長201.2メートルにおよぶ。大阪市の都市計画事業・天満友渕線の橋として架橋された。モータリゼーションの普及により交通渋滞の解消を目的に昭和46年(1971)には東側半分が北側へ15メートル拡幅された。この橋の東詰下流には、大阪営林局の貯木場があったが、現在は在阪各大学ボート部の漕艇庫が立ち並ぶ。源八橋を知らない人でも、大阪市民レガッタや桜杯レガッタで先陣を競う姿を目にしていよう。練習にはげむ彼らの姿は夕映えのなかで美しい。

 この橋名は、地元からの強い要望で源八町にちなんだものとなった。しかし、一方では中野橋という言い方も残る。名称は子ども命名と同じで悩みはつきない。

 近代上水道が敷設される以前の大阪は、飲料水に悩まされた都市であった。井戸水は、ほとんどが飲み水としては不適で、生活用水として用いられていた。飲み水のほとんどは水売りとよばれた人々が水船で市中各所へ運び、水桶で各家庭に届けていた。そうした水汲み場のひとつが源八橋上流にあったのである。飲み水が川から供給されるほど澄んでいたのである。

 
「与謝蕪村自筆の掛け軸発見」

 江戸時代中期の俳人で画家の与謝蕪村(1716〜83年)が、本格的に俳壇で活躍し始めた55歳前後に書いた自筆の掛け軸が19日までに見つかった。大阪市内の収集家が所有していたもので、蕪村の研究で知られる関西大の藤田真一教授が鑑定、署名や筆跡などから分かった。藤田教授は「この時期の蕪村の資料は少なく、創作活動を研究する上で非常に貴重」としている。

 掛け軸には、蕪村が一面の若葉に浮かぶようにそびえる富士山を詠んだ有名な句「不二ひとつ埋ミのこして若葉かな」が記されている。さらに「東北から人が訪ねてきて、山の句を書いてほしいと求められたので句を贈った」と、句を記した経緯も書かれていた。

 当時は京都に定住し、本格的に創作活動に取り組み、名を成し始めた時期。筆跡は晩年の草書体に近い文字とは異なり、楷書のような書体で一字一字丁寧に書かれていた。藤田教授は「当時、蕪村が自らの作風を模索していたこともうかがえる」と話している。(共同)

[2012年3月19日20時29分]